自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

介護ビジネスをスタートより上手く運営するには

GALLERY

FCで介護業を

介護は高齢化の進んでいる日本にとってとても大事な仕事で、どんどん需要が増えています。そのため、FCシステムによって介護業を始める場合も多くあるので、介護業をFCで始めるメリットを知っておきましょう。

詳細を見る

小売業を始めよう

フランチャイズ経営は、小売業のようにたくさんの商品を扱う仕事を始める際にも有効です。コンビニなどのようにフランチャイズで店を拡大している会社も多いため、フランチャイズ契約をして小売業のノウハウを体験してみましょう。

詳細を見る

医院を開業する

医師免許を取得して、医院を開業したいと考えている方に必要なのが、開業資金です。土地取得や建物建築など様々なハードルがあります。医院開業に必要なことを予め把握しましょう。

詳細を見る

介護の仕事を始める

働きながら学べる!カフェ開業を目指すなら当スクールで学んでみませんか?夢を持つ社会人を応援する学校です。

効率良く稼げるフランチャイズの小売業を初めませんか?収益性の高いおすすめの会社はコチラのサイトで紹介されています!

未経験者でも介護ビジネスに参入可能

現在、他に例を見ないスピードで高齢化が進んでいるわが国では、お年寄りの介護に対するニーズが急速に高まっています。いわゆる介護関連市場も年々拡大しており、ビジネスチャンスも豊富に存在します。ただ、未経験者が介護ビジネスを独力で立ち上げるのはなかなか大変です。公的な性格を持つ事業であるため開業には法令等に定める各種の基準を満たさなければなりませんし、自治体への届出手続きも複雑です。また、日常生活を自立して送ることが困難なお年寄りという、かなり特殊な対人サービスを提供するため、スタッフの教育には非常に手間がかかります。そのため、最近ではFC方式を利用して介護事業に参入することを目指す人が増えてきています。FCとは、フランチャイズ・チェーンの略です。

FCには大きなメリットがある

現在、FC加盟店を募集している介護事業者はいくつか存在します。具体的な事業としては、デイサービスセンター、訪問看護ステーション、福祉用具のレンタルサービスなどがあります。加盟店となるには、各事業者の運営本部とフランチャイズ契約を結ぶことになります。介護ビジネスをFC方式で行うにはいくつかのメリットがあります。まず、すでに知名度のある商号を使用して事業が行えることです。介護サービスを利用するのはお年寄りですから、まったく未知の商品やサービスには強い興味を示さない傾向があります。その点、すでに評判の確立しているブランドを名乗ることができれば、顧客獲得に有利に働きます。また、スタッフの教育システムがしっかりしている点も大きなメリットです。独自の教育マニュアルや合同研修センターなどを保有している事業者も多く、高いレベルの人材育成が期待できます。

↑ PAGE TOP