自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

情報集めをしよう

カフェを開業させるには手順が大事

カフェを開業するには、手順が大事です。 一番初めにする事は、自分の店のコンセプトを決める事で、どんなお店にしたいのかや希望するスタイルなどをまとめましょう。 その次には、経営計画を立てる事や開業にかかる資金などを計算します。 その次がお店探しで、自分に合った店舗を探す事が必要で、希望に合った店舗が見つかるまで何件も回る事が必要です。 納得行く店舗が見つかれば契約すて、内装や設備などの工事に取り掛かります。 食器や必要な看板やカップなどの備品を取り揃え、カフェの開業に必要な申請です。 その後は、メニューを考えたり仕入れ先を決めたり、スタッフを探す事と研修、宣伝などを行いましょう。 調理師免許があれば良いですが、持っていなくても食品衛生責任者の資格があれば大丈夫です。 カフェスクールや情報サイトもありますので、色々調べてみる事が良いでしょう。

カフェ開業のメリットとデメリットとがある

カフェ開業には、色々なメリットとデメリットがあります。 メリットは、コーヒーは以外に奥が深く、コーヒーの事を徹底的に学ぶ事が出来るでしょう。 また、趣味を仕事にする事も出来るので、楽しんで始める事が出来ます。 絵画や写真などを趣味にしている人も、自分の趣味をアピールする事が出来るでしょう。 最近では、ペットが同伴出来るドッグカフェや、猫と触れ合える猫カフェもあるのです。 色々な人とコミュニケーションが取れるので、人生経験などを学ぶ事が出来ます。 自社製品の宣伝の為にカフェを開業する事も出来て、自社製品の意見を聞く大切な場所になるでしょう。 デメリットは、失敗すれば資産を失う事や、経営が行き詰る事もあるでしょう。 スタッフ同士のトラブルなどで頭を痛める事になったり、週末や祝日は休みが取れません。 食中毒などが出てしまうと、信用を失う事にもなってしまいます。

↑ PAGE TOP