自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

FCで介護業を

現在の介護業界の現状

昨今は、超高齢化社会を迎える事に対する、社会的不安が数多く囁かれている。高齢化が進む一方で、労働人口が少子化の影響で激減して行くと予想されている。そんな中で、介護業界は数多くの問題を抱えている。その一つに、介護の需要供給バランスの崩壊があげられる。都心部では、比較的供給数を確保する事が出来る予想がある。しかし、山間部や過疎化が進む地方自治体は労働者が集まりにくい事に加え、施設の開業が進みにくい要素が盛りだくさんである。需要は都心部も山間部も比率的には変わらない。しかし、開業する側の立場に立てば、積極的に開業する事に大なり小なり関係なく不安要素が多すぎる。リスクを回避したいのが、人間の基本的な考えだ。これをクリアにするのは、間違いなくFCシステムによる、最小限リスクの施設開業だ。

FCシステムとは何か

FCとは、フランチャイズを指す。介護業界の特に通所介護において、現在積極的に採用されている。フランチャイズのメリットとすると、開業時点でこれまで運営して来た施設のノウハウを初期段階から導入出来る事にある。これは絶大なメリットになる。そしてFCシステムのもう一つの大きな利点とすると、ブランド力にある。ブランド力が有るからこそ、オーナーサイドの大きな悩みの種でもある、集客面でも絶大な効果をもたらす。直営店運営では、出店速度には限界があるのは間違いない。しかしFCを利用する事により、出店速度は急激に加速し、それが結果的に大きなブランド力となって跳ね返る。絶対的なノウハウとブランド力を初期段階で兼ね備えるFC運営には、正直メリットしか思い浮かばない。これを最大限に活用し、超高齢化社会に対応して行くべきだ。

↑ PAGE TOP