自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

医院を開業する

医院開業に必要な資金はどれぐらいか

医師免許を取った人が医院を開業する場合には開業資金が必要です。まずは、どこに医院を建てるかを検討し土地取得と建物建築を行うことになります。都合よく医院経営に合った建物があれば中古もあり得ますが、多くの場合新築になるでしょう。そうなれば地方であっても3000万円程度は必要でしょう。 さらに、開業には設備投資も必要です。電子カルテやレジスター、コピー機等の事務関連投資や診察用ベッドや椅子はもちろん、多くの医院ではX線装置の購入が必要でしょう。外科を開業するのであれば手術台等も必要です。 これらの投資額は何科を開業するかによって幅がありますが概ね1500万円から2500万円程度はかかると考えておいた方がいいのではないでしょうか。

医院の開業をする大変さ

個人医院を開業するともなれば、専門的な設備も整えなければいけなくなってくるので、かなり大変になってくるのです。 医療機器は高額なものが多いので、購入をするともなるとかなりの費用がかかってしまいます。 最近ではリースでも対応をすることが出来るようになっていますし、新品ではなく中古品であっても対応をすることが出来るようになっているので、とても便利なのです。 医院を開業する際にはまず物件を探す必要がありますし、賃貸物件であれば予算を考えて物件を選ぶ必要もあります。 需要のありそうなところに医院を開業したほうが多くの人のためになりますし、患者数も増えます。 また医院を開業した際にはウェブサイトを作成するなど様々な手配をしなければいけないので、コストはかかります。

↑ PAGE TOP