手続内容を知っておく | 自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

自分で店や会社を立ち上げる際にはどんな仕事がしたいかを意識しよう

手続内容を知っておく

NPO法人設立は大変

NPO法人とは非営利活動を目的にしている団体です。最近では起業の際に株式会社ではなく、NPO法人設立を目指す人が増えています。しかしNPO法人設立は役所に書類を提出するだけではできません。非営利活動であるためお金や財産の管理を、非常に厳しく審査されます。 株式会社と違って利益を株主で分配できず、次の年の活動に活かす必要があります。その時の活動内容などの報告義務もあるため、手続きで非常に多くの時間を取られる事は避けられません。 そして法律的な知識が無ければ、活動に不備が生じる可能性もあります。特に利益を分配してはいけないというルールは、厳しくチェックされるため失敗は許されません。ある意味では会社の運営よりもシビアです。

業者を活用して手間を省く

だからNPO法人設立を志すなら、自分ひとりの力で果たそうとすべきではありません。仮に知識があったとしても身体が一つである以上、仕事量は限られます。そのため面倒な作業は誰かに頼む決断も必要なのです。 それにうってつけなのが、NPO法人設立を担当する業者です。彼らに依頼すれば書類作業を代行してくれます。作業の手間を省く事ができれば、実際の活動にたくさん時間を使えます。それが社会貢献に繋がる事は間違いありません。 NPO法人設立の業者は豊富な知識を持っています。法人設立をしても知識が無ければ、解散する恐れがあるので情報収集が必要です。NPO法人設立を担当する業者との付き合いは、情報を仕入れる方法として申し分ありません。

↑ PAGE TOP